美容と健康

グルコサミン、コンドロイチンの相乗効果

関節の痛みを和らげるためには、コンドロイチンの働きが欠かせません。
コンドロイチンは関節と関節の間に存在する軟骨を強化する働きがあります。
とりわけ、水分を集めて保湿する力があります。

実は、グルコサミンにも同じ働きがあります。
グルコサミンはアミノ酸の一種ですが、これも軟骨を形成する力があるのです。
ですから一緒に摂取することで相乗効果を期待することができます。

関節痛の原因は、ほとんどが軟骨が原因です。
骨がスムーズに動けるように骨と骨の間には軟骨が存在します。
軟骨は、関節をよく使うことで少しずつですが、磨り減ってしまいます。

そうすると骨が擦れるようになり痛みを生むのです。
最終的に関節がうまく機能しなくなります。
若い頃は軟骨を形成するための物質が体によって分泌されていたのですが、歳とともにうまく分泌されなくなってきます。

それが原因で軟骨はどんどんなくなっていってしまうのです。
つまり、上手に軟骨を形成してくれる物質を摂取することが大切です。
その点で、コンドロイチンとグルコサミンが良い働きをしてくれます。
サプリメントで購入するときには、この二つの成分が入っているものであればより高い効果を期待できます。
また、話題のアラキドン酸についての記事も参考にご覧ください。

このページの先頭へ